緑のカーテンとサクランボ

エコアクション21に参加しているので
電力使用量は気にしている。

弊社の室内照明も輝照に変えて
節電と行きたいところだが・・・

肩ひじ張らず気軽なところから
ということで
パッションフルーツによる
緑のカーテンでCO2削減に貢献して
あわよくば収穫まで楽しもうと
欲張りなことを考えていた。

しかし
種から育てているパッションフルーツは
全く成長が遅く
今年も期待できない

ところが
こっちの方が難しいかな  と思っていた
ブドウの方が順調に育って来た 

20210527_162618.jpg

そして5房も 

20210527_162647.jpg20210527_162702.jpg

室内で育ててるから成長が早い

ただここからが問題だ。

これもエコアクション21の一環で行ったのだが
窓ガラスには遮光のためのフィルムが貼ってある。

ここから日射不足で房の成長が止まるのか
観察して行きたい。

せっかくなので
ジベレリン処理をした

20210523_104623.jpg20210524_084132.jpg

緑のカーテンではないけど
ブドウつながりで

簡易雨避けに植えた
高級ブドウの瀬戸ジャイアンツ

こちらも室内よりも成長が遅れているが
花穂が出てきたのでジベ処理をした 

20210525_084137.jpg20210524_084731.jpg

ブドウから
サクランボ
話が移って

サクランボの品種『さおり』

20210520_084705.jpg

はじめて1粒だけ
実が生った 

20210525_125628.jpg20210525_125633.jpg

見た目は売っているものと
遜色なし 

20210525_130257.jpg

糖度を計ってみた

まずは包丁で削いで

20210525_130559.jpg

糖度計にのせる

20210525_130638.jpg

何度あるかな



20210525_130640.jpg

糖度14.4

そういえばサクランボの糖度の基準って
どんなもんだろう 

まぁ食べてみる 

うん
美味しい

でもちょっと水っぽいかなぁ

初生りとしては上出来でしょう 

そして
こちらのサクランボ 

20210524_103820.jpg20210525_130313.jpg

池を挟んで
さおりと反対側に植わっている
ソメイヨシノのサクランボ 

興味本位に糖度を計測 

20210525_130923.jpg



なんとさおり越えの19.6度 

ブドウだと18度を超えると
美味しいぶどう 

これは激うまに違いない 

食べるつもりはなかったのだが
糖度計の数値をみて
美味しくないはずがない
と思い口に放り込むと・・・







まずい 

というか
渋い

食べれたもんではなかった 

糖度計の故障か

と思い
黒くない実の方を計る

20210525_131114.jpg

こっちは
12.5度

多分糖度計の故障ではないと思う。

渋抜きをすれば
ソメイヨシノのサクランボ
美味しくなるのかなぁ 







アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント