w124036 500E ウインカーLED

仕事柄いろいろなLEDを扱う。

ずいぶん前に
2wアンバーのLEDを
サンプル品として頂いた。

その時に
w124の500Eに加工して
取り付けたのが
何年前の話だったろうか。

古い車なので
経年劣化でLED加工した
右フロントウィンカーのレンズが
割れてしまった。

なので右側だけ
通常のウインカーに戻していた。

左がLEDウインカー
右が通常のウインカーで
ハザードランプを灯すと
ちょっと違和感があった。

そして昨年
今度は国内最大手メーカーの
1wアンバーのLEDを頂いた。

これを切っ掛けに
2作目のフロントウィンカーを
作ることにした。

まずはアルミ基板を作成
画像


クリームハンダを乗せるため
プラスチックの板を加工
画像


クリームハンダを付ける
画像
画像


LEDを基盤にのせて
画像


ホットプレートの上に
画像


クリームハンダが
みるみる溶けて行く
画像
画像


もちろんLEDにも
実装でかけられる温度の
上限があるので
注意深く測定して温度管理をする
画像


さてさて
ちゃんとLEDは導通しているなかな?
画像
画像
画像
画像


問題なくアルミ基板への実装は出来たので
今度はウインカー本体の加工
画像


1作目で経験したことは
兎に角、パワーLEDを沢山使わないと
昼間の視認性は著しく悪いということ。

なのでLEDを付けれるだけ付けるこを
考えて作ることに。

放熱の問題があるが
そこはDIYなので
壊れたら自分で直せばいいやと言う考え。
(もちろん輝照はそんな作りではないです)

画像
画像


そして抵抗も放熱を
少しだけ考えて
画像
画像
画像


LEDを実装したアルミ基板を
ウインカー本体に取り付けて
点灯試験
画像
画像


なかなかの輝度です

さて
温度はどの位上昇するのか?
画像


2分の連続点灯で・・・・・

結構あついなぁ

でも、まぁ大丈夫でしょう!


と言うことで
ここまで進んで
先の目処が立つと
普通なら一気に完成させたい
と思うのだろうが
なぜかここまで来て1年放置してしまった。

年内には完成させたいなぁ。





アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック