夏の恒例、ワタリガニ

仲良し漁師から
今年もカニすくいの誘いがあった。

ところが、予定日の前日に
船が故障したと連絡が・・・。

聞けば、漁協からの応援要請で
名古屋港に行く途中で
エンジンが停止したらしい。

蟹すくい中の故障じゃなくて
よかったと思いながらも
楽しみにしていただけに残念


仕切り直しとなった、カニすくいだが
修理完了との連絡があり
ようやく、捕りに行く事ができた。

捕獲メンバーは船頭を除くと
船頭の息子、その友人、そして私。

何時もよりも人数が少ない。
最低でも
船首に見付け役 2名
左舷、右舷に掬い係 各1名
カニの爪切り 1名
の5名体制で挑みたいのだが。

人数が少ないのは
でカバーすれば
問題なしってことで
前向きに考える。


船頭の息子とその友人が
18時に会社に迎えに来た。
師崎に19時に来るように
船頭から言われているので急ぐ。

無事に遅れることなく
いつもの防波堤に到着し
船に乗り込む。

暮れかかる空
夏真っ盛りなのに
秋風を思わす、心地よい潮風。
漁場に着くまでの
いつもの景色、この感じが大好きだ。

画像
画像
画像
画像


日間賀島、篠島を通り過ぎ
漁場までしばしクルージングを楽しむ。

晴天の海から
内陸部の山を見ると
積乱雲があり、赤くフラッシュする。
これも、この時期のいつもの光景。

私の中で、漁場までのこの雰囲気が大好きで
夏の風物詩になっている。

正直な話、カニ捕りなんて二の次で
クルージングで十分



はい
負け惜しみです
結果は何時もの1/10。
20匹ほどしか捕れなかった。

言い訳として
船の故障で時期が終盤になっていたこと。
そのため、ただでさえ少ないカニなのに
多くが海面まで揚がってこず
船が近づくと直ぐに潜ってしまう。
すくうまでいかないのだ。
画像
画像
画像
画像
画像



カニが捕れなかったのは残念だったが
船のイケスには大きなクロダイが泳いでいる。

この2匹のクロダイを船頭が
活〆にして、お土産に持たせてくれた。

今日釣れたクロダイ。
こんなに立派なのに
浜値で1,000円しないらしい。
安すぎだね、魚の価格。
値段を聞いていると、漁師も大変だ。
画像
画像

画像
画像


イケスからカニを出して
クロダイを〆て、漁場を後にする。

満天の星空と
船の引き波に反応して
緑色に光る夜光虫。

船着場に戻る途中の
何時もの光景。

これがあればカニなんていりません

画像


さて、チッタナポリが見えてきた。
(部屋の明かりが淋しい・・・

船頭ともお別れです。
画像
画像
画像


翌朝、会社でカニを配る予定だったが
分け前が7杯だったので、自家消費。

ワタリガニは蒸して
画像


クロダイは鯛めしと塩焼き
画像


あらは出汁を取り、みそ汁に
画像
画像



すべて、美味しく頂きました。



アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック