荒井弘史靴誂え室

営業部が中心の
先日の社内ゴルフコンペ

「身だしなみは足元から」というように
営業マンは足元が大事。

と言うことで
今回初めて「誂え靴」を景品に入れた。

「誂え」って漢字は読めて当たり前
「あつらえ」と読みます。
なかなか、読みにくくないですか

自分好みに仕立ててもらう
世界で一つの靴ってステキですよね

皆さんは靴を作ってもらったことはありますか

イメージだとスーツのオーダーメイド(イージーオーダー)
よりも、大分縁遠い気がする。

こんな機会でもないと
作ろうとは思わないかな

この景品の誂え靴を
新進気鋭の靴職人
荒井弘史氏に依頼する事にした。

荒井弘史氏は変わった経歴を持つが
今は浅草に工房を構えている http://h-arai.com/

我社は東京以外にも営業所があるため
事前に打合せをすると
どの地域の人が当たっても対応する
との心地よい回答を頂く。

そして、見事に景品を勝ち取ったのは
名古屋の営業マン

指定された場所は
岐阜市は徹明通りにある
「BRAIN BREAKERS」 http://brainbks.blog.fc2.com/

画像


ここのオーナーの息子さんは
荒井弘史氏に師事し
靴の世界に飛び込んでいるとのこと。
跡継ぎの心配はなさそうだ。

お店の中には店主のこだわりの
商品がズラリと綺麗に陳列してある。

画像
画像


年に2回、イタリアを中心に
ヨーロッパに買い付けに行くとのこと。

その買付けにもこだわりがあり
他と同じものを仕入れるのではなく
色を含め、店主のわがままを伝えて
BRAIN BREAKERSオリジナルに
仕立てて、輸入するそうだ。

このエナメルの靴もその一つ。
なかなかシブくないですか 

画像


靴紐は白と茶の2色入っていて
気分に合わせてどうぞ、と言うことらしい。

色々なウンチクを聞いていると
欲しくなってしまい、思わず買ってしまった。

おっと、靴を買いに来た話ではなく
作りに来た話だった


なにせ、初めての誂え靴。
何をどうしていいのか分からない。

言われるままにソファーに座る。
画像


靴を脱ぎ、身長を計る測定器の
足バージョンのようなものに乗せる。
画像


長さを計ったあと
メジャーで甲の外側から内側の外周を
ぐるっと計測。
画像
画像


次に、つま先から足首までの甲を
手でなぞり、形を確認しているようだ。
画像


とても慎重に、何度も確認していた。

そして、足の大きさ形状のイメージがついたようだ。

荒井弘史氏も使っている
木型から作ったサンプルを、数点持ってきた。

そして、試着。

流石、プロ。

足にジャストフィット
画像
画像


ここまで、慎重に慎重に
時間をかけてサイズを計った。

やはり、代理での採寸は非常に気を使うそうだ。

サイズが決まるとここから自分仕様の靴に

好きな形の靴を作るといっても
そこは、初めてのことでイメージが湧かない。

よって、荒井弘史靴誂え室のホームページにある
Galleryから、作って欲しい靴のタイプを選んだ。

これで手続は、ほぼ終わりかなと思ったら
何が何が、ここからが長いこと

色々なパーツの革の素材、色。

靴底、紐、仕上げ方、とにかく細かな仕様決め。
画像


兎に角、靴一足にこれだけ
こだわりの要素を盛り込めるとは
思ってもいなかった。

カウンターに置いてあった
靴の断面を見ながら説明してくれるが
私は、靴底だけでこれだけ複雑に
作られていることに感心した。
画像


しかし、店主のマニアックな話は本当に面白い。
聞いた事をほとんど忘れてしまったが
このお店に通うと、靴について詳しくなること
マチガイナシ


午前中にお店に伺って、出たのが14時。

3時間も長居してしまった。

なので、ちょっと遅いランチを・・・。
画像


ボチボチ、美味しかった


靴は、出来上がって来るのは2か月後。

また、完成品を報告させて頂きます。





番外編

BRAIN BREAKERS様は
荒井弘史靴誂え室の商品取扱店
画像


と言うことで
荒井弘史氏の作品が1点
置いてありました。
画像


なかなか重厚感があっていい感じです。

画像


価格も ¥99,900 のプライス 
でも、それだけの価値はあるだろう
しっかりとした作りをしています


そして、この靴。
画像
画像
画像
画像


これは、荒井弘史氏が在学中に
靴の修行をしていた時代のもの。

私の足に合わせて作ってくれました。

もったいなくて履けないでいる
と話すと、怒られてしまった。

靴は履くためのもので飾り物ではないから
バリバリ使って、大事にメンテナンスして
長く愛用して欲しいと。

当たり前ですね。

でも、履けない・・・。



荒井弘史氏の作品の証は・・・

お店に置いてあった
荒井弘史氏の靴のソールには
画像


「H.ARAI」 の刻印。

そして、学生時代に作ってもらった靴には・・・

画像
画像


ボールペンで 「ひろし」 の文字。

牧歌的な感じがしますね。

久しぶりに靴を出してきて
20数年前を思い出しながらグィッ 


そう

荒井弘史は私の大親友です。









アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック