子作り支援

少子高齢化と言われて久しい
(日本の人口の話ですが・・・)
我社のタナゴたちも、日本の人口と同じ道を歩まない為に
対策をする事にした。



3月に入ってから水槽のタナゴたちに変化が出てきた。

♂は婚姻色が出て、綺麗に
♀のお尻からは、産卵管が

仕事が忙しくて、放置(見て見ぬふり)していたが
やっぱり気になるので、少子化対策を

用意したのは
マツカサガイ、イシガイ、ドブガイ。

画像


まずは水槽に2個投入
画像

直に反応したのが、ヌマエビ
画像
画像
画像


そしてタナゴの反応も、なかなか
画像
画像
画像


貝に興味しんしんのタナゴ
突っつき回したり、群れで貝の周りをうろうろして離れない
これでは貝は落ち着かないのか、硬く口を閉ざしたままで
全く動く事が出来ないでいる。
逸る気持ちも分かるが、口が緩まないと産卵出来んぞ~

池にも貝を放流
画像
画像

沢山の稚魚が生まれるのを願うのと同時に
この貝たちも、池に馴染んで生き続けて欲しい。

そして、ちょっと残酷かな
と思いつつも、鯉の餌にと姫田螺も購入した。
想像以上に大量に送られて来た
画像

これを池の中に沈めた植木鉢の中へ。
画像
画像
画像
画像

どえらい量だ
この姫田螺、3時間後にはこんな感じにばらけた
画像

田螺って砂の中にもぐるのね
初めて知りました

で、この貝を購入したホームページにシジミがあり
その説明には「水を浄化する能力に優れる」とあった。

この池の大きさでは浄化槽が小さすぎて
ろ過が追いつかず、透明度がイマイチなため環境整備委員会では
このことが問題になっていたので、シジミを試す事に
画像

さてさて、結果は如何に


最後に
環境整備委員会では芝生の育成にも力を入れており
今回、補修用のポット芝を購入した。
土日で植えつける予定だが、秋のBBQまでに
前年よりも綺麗な状態に持って行きたい
画像


おまけ
芝生に変な虫が・・・
画像






アウローラダイイチは下をクリックしてね。 
      ↓
http://auroradaiichi.net

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック