アウローラダイイチブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 出来上がりました!!誂え靴

<<   作成日時 : 2018/01/23 19:24   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年の社内ゴルフ コンペで
第20回という節目の記念に
荒井弘史 監修の誂え靴
初めて景品に入れた  のだが
とても評判が良かったので
翌年の第21回 コンペにも採用し
以降は我社の定番コンペ商品に 

その第21回コンペ商品の誂え靴だが
昨年の秋に青山エリービルにて採寸し
デザインを決めて
出来上がりを楽しみにしていたが
12月に完成したとの
連絡を受けていたにも関わらず
年が明けて
ようやく受け取ることができた 

靴を受け取る場所は
てっきり新しく移った場所の
浅草雷門だと思っていたのだが・・・ 

花川戸に取に来て 
だって 

たしか
表参道駅の再開発で
年末には青山エリービルを出るから
受取りは浅草雷門で
今のここよりも
広くて綺麗な場所になるから 
って言ってたよな 

花川戸ってことは
2016年に突然訪問した
荒井弘史靴研究所ってことだよね 

まぁ
理由は会ったときに聞こう 

昼に受取にきて と言われたので
ホテルを出て向かえば丁度いいね
と思っていたら
予定が入ったから17時以降に変更で
と連絡が来た 

さぁどうする 

ホテルは10時に出されるし・・・ 

受取日の当日に言われると困るが
まだ前もって連絡が来たからよかった。

そして
考えた答えが
今回の誂え靴はゴルフ の景品。
ゴルフの景品を受取りに行くのだから
ゴルフをして時間を潰そう 

物凄いこじつけ 

でも
 PLAYの時間を考えると
ちょうどいい時間つぶしだ 

関東には学生時代の友人も多いから
声をかければ誰かは付き合ってくれるだろう
と言うか
滅多なことでは断らない友人が居るのだ。


やはり二つ返事で付合ってくれた 

靴を受け取った後は
プチ同窓会だな 


      


待ちに待った
誂え靴の受取日が来た 

天気は快晴 
無風で絶好のゴルフ 日和だ 
だけど寒い 

千葉でのゴルフ だったが
人の入れ過ぎでPLAYが進まない 

最後のホールアウトは
日没まで30分を切っていた 
カートのナビ画面には
日没までにPLAYが終わらなかった場合
終了して戻って来いと表示されている 
まだ我々の後ろに
何組かいるけど大丈夫なのか 

そんな他の人の心配よりも
急いで
荒井弘史靴研究所に向かわなければ 

ところが高速道路が大渋滞 

結局、到着したのが19時だった 


      


前置きが長くなってしまった  が
ようやく本題に 

画像
               この時期の19時は真っ暗 

画像
              1年半振りの荒井弘史靴研究所

予定よりも遅れてしまったので
待たしてしまったなぁと思っていたら
職人さんがまだ作業をしていた 

色付けの工程のようだ 

画像
画像

画像

色の付いた革を仕入れて来て
切った張ったをして靴を作る物だと
思っていた。
無知は恥ずかしい 

微妙な色合いを
調合して作っているようだけど
私なら左右で違った色になってしまいそう
なんて思いながら見ていた 

荒井氏も忙しいようで
そこで座って待ってて
と言って仕事をしていた。
画像
画像


テーブルに座って待つが
やはり見つめられてる・・・
このヘルメットが気になるなぁ 
画像
           相変わらず定位置に変顔ヘルメットが・・・

さて、いよいよ荒井氏が
仕事の切りを付けて
靴を持って来た 

御開帳 
画像
                 メンテ用にブラシを購入
画像
             片足ずつ丁寧に袋に入れられた靴

高級感あふれる袋から
靴を取り出して
荒井氏から手渡される 
画像
画像


荒井氏も満足な出来上がり
だったのであろう
笑顔がステキである 

見た目の出来は完璧 
だけど誂え靴なので
足のフィット感は
更に期待をしてしまう 

画像
画像


あれっ 

ちょっとキツイか 

足に合わせて作ったのだから
ピタッ
不快感なくフィットするものと
思っていたが・・・

何だか全体を締め付ける
感じがするぞ 

考えてみれば
既製品の靴は
当たる場所もあれば
緩い場所もある。
トータル的に見て
落としどころ(妥協点)を
自分の中で決めて
購入していたことに
気がつく 

初めての経験は
新しい発見があって
面白いが
足に馴染むまでの間は
ちょっと辛抱しないと 


今回、実は2足依頼していた。

形は同じで
素材(革メーカー)と色の
違うものを・・・。

1足は
France
ANNONAY社製のBoxCalfで依頼して

もう1足は
Germany
WEINHEIMER社製のBoxCalfで依頼した。

画像
画像
画像
画像


正直、この2足の革の違いが
分からないが
もっと造詣を深めて
違いの分かる男になりたい 

しかし
見てください 
この造形美 
画像
                つま先の光沢が艶かしい

やはり
工業製品というよりは
ONE OFFの手作だけあって
芸術品のようだ 

マズイぞ 
学生時代の靴のように
履けなくなってしまう 

でも今回は
しっかりと使わせて頂く 

何故ならば
荒井弘史靴研究所で
靴と一緒にブラシも購入したが
更にメンテナンス用品が欲しくなり
一通りそろえてしまったから 

画像
画像


まぁ
布きれとケースは
100均だけれども 

それでも
ケースに収まった一式を眺めていると
何だかワクワクしてきて
早く手入れしたい気持ちになる 

なので
今回の誂え靴用に揃えた用品だったが
先に今履いている靴を磨いてしまった 


閑話休題 


靴の試着も終わり
暫し歓談 

画像


話し込みそうな雰囲気になったので
場所を居酒屋に移した 

何故なら
最終の新幹線 の時間が・・・

ゴルフ の遅れと
高速道路の渋滞
1時間少々しか 居られなかったが
それでも濃い時間を
過ごすことが出来た 

気になった移転遅延の件だが
荒井氏曰く ” 俺が悪い ” のだとか 

内装その他諸々
うるさく注文を付けて
その都度工事が中断するらしい 

思わず、らしいなぁ と思ったが 
靴と内装の職人同士
面倒臭そうな
やり取りになっているのが
想像できる 

まぁ職人気質同士がぶつかって
最高のお店が出来上がれば
遅れたことも納得出来るのだろう 

私は今回新しいお店に
行く事が出来なかったが
荒井氏のアイデンティティが具現化した
雷門の新店に
年内にはお邪魔したいと思う 

画像
               この面子は中国卒業旅行以来




楽しい時間は
あっという間に過ぎ去った 

いつものように
次回の再会を約束して
固い握手を交わし
東京を後にした。






アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出来上がりました!!誂え靴 アウローラダイイチブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる